« ピンクのガーベラ | トップページ | 上野 ルーヴル美術館展 »

根津 竹久夢二美術館

根津 竹久夢二美術館

クラフトノート

東京大学の弥生門近くにある、竹久夢二美術館。

大正ロマンを象徴する日本画家、

竹久夢二さんの作品が展示されています。

夢二の描く、はかなげな女性の絵はとても有名ですが、

日本画以外にも、挿絵や版画、デザインなど、

幅広く活躍されていたことを知りました。

なかでも注目したのは、グラフィックデザイン。

本などで、見かけたこともあり、とても興味があったのですが、

調べてみると、夢二の残したイチゴ、リンゴ、椿、つる草…

いろいろなデザインが、今もいろいろな形になって残されているのですね。

夢二テキスタイル?heart02素敵です。



雑誌のタイトル文字や、イラストにもちょっとしたところにも、

工夫があって、本当におしゃれなんですnotes

ゆったりとした時間が流れる美人画とは、

また違った印象でモダン、スタイリッシュ…。

そんな言葉が浮かびました。

色遣いはシンプルな印象でしたが、

今の時代だったら、夢二はどんな色を選んだだろう?lovely

企画展は三ヶ月毎に変わるそうです。

違ったものが見られるとあっては、また訪ねたくなってしまいます。






|

« ピンクのガーベラ | トップページ | 上野 ルーヴル美術館展 »

美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピンクのガーベラ | トップページ | 上野 ルーヴル美術館展 »